ワインの上手な開け方と開栓時の注意点

コルクを開けるのは、ワインを飲む時にもっともわくわく、どきどきする瞬間です。

また同時に、緊張する一瞬でもあります。失敗してコルク片がワインに入ってしまったり、吹きこぼれたりしてしまわないかと、慎重になります。

レストランでは、ソムリエがあざやかな手さばきでソムリエナイフを使い、コルクを抜く場面が見られますが、私たちがそこまでする必要はありません。

どんな形であれ、コルクをきちんと抜くことができればいいのです。

ソムリエナイフよりも、より開けやすいオープナーもいろいろ市販されているので、そちらを探してみるといいでしょう。

しかし、慣れてくると、ソムリエナイフの方が使いやすいことが多いので、空のボトルなどで練習をしておくのもいいかもしれません。

ワインをおいしく飲むための抜栓の条件は、瓶の口を破損しないことと、コルクをなるべく折らないこと、そしてできるだけ瓶を揺らさないことです。

瓶の口を破損してしまうと、ワインにガラス片が混入してしまう危険があります。

また、コルクを折ってしまうと、コルクくずがワインに落下してしまう恐れがあります。

また、瓶を揺らしてしまうと、澱が舞い上がったり、スパークリングワインの場合は、泡が飛び出すことがあるためです。

最後に、コルクを抜いた後、汚れやほこりがワインに入らないように、そっと瓶口をふさいでおきましょう。

抜栓に関しては、これらに気をつけて、きちんと開けることができれば完璧です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る