食後酒で広がるフレンチの楽しみ

フレンチを楽しむ際、日本ではワインは飲んでも食後酒を飲むという習
慣はまだ根付いていないようです。確かにアルコールが強い、というイ
メージがある食後酒には40度以上の度数のものも多くあります。でも
これには、胃を刺激して消化を促進させるというちゃんとした理由があ
るのです。

もっとも一般的な食後酒はブランデーでしょう。フランスではコニャッ
ク、アルマニャックの2つのブランデーについては、法律でその製法が
定められています。リンゴが原料の蒸留酒カルヴァドスと合わせて、こ
れらはヴィンテージものだと非常に高価になります。

ブドウの絞りカスを蒸留したマール(イタリアではグラッパと呼ばれる)
などは、食後の口をさっぱりさせるのに最適な強い味と香りを持ってい
ます。

デザートの余韻を楽しみたいという方にはポートワイン、またコアント
ローなどの果実系リキュールもおすすめです。カクテルならば、ギムレ
ットやドライマティーニなども食後酒にぴったりです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る