ワイン素人にはピンとこない「ワインが落ちる」の意味は?

ワインに長年携わっている人であっても「ワインが落ちる」の意味を正
確に表現するのは困難だと思われます。「落ちる」とはワインが酢にな
ることを指すと主張される方もおられますが、考えられないことです。

少なくとも現代においては・・・。なぜなら酢酸菌はアルコール度数が
11度を下回らなければ増える事はないですから、仮に長期間置いてお
いたとしても、ワインの中で変化が持続するだけで、酢になるはずがな
いのです。「酢になる」と主張されている方は、「急変している」と、
「落ちている」ということをごちゃ混ぜにしているのではないでしょう
か。

以前飲んだワインが一番だったと、過去に浸りそのことだけを話される
方、このワインはおそらく5年後ぐらいが飲み頃だと未来のことばかり
話される方。ワイン通を名乗っておられる方は、だいたいこの2つに分
類できると思います。

過去の話をするのはよいのですが、それよりも目の前で開けたばかりの
ワインをどうすれば美味しく飲めるのか、その方法を考えたり、会話す
る方が建設的だと思います。開封したら、マイナスの話をするより、プ
ラス思考で飲むのが良いと思いますが、こう考えるのは私だけでしょう
か?

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る