ワインをロックや水割りで飲むのは非常識?

最近は居酒屋だけでなくカジュアルなイタリアンレストランでも「かち
わりワイン」などと銘打って、ワインをロックスタイルで飲む機会も増
えてきているようです。

若くて軽いワインや安いワインを飲むときは、濃厚な味わいを楽しむと
いうよりは口当たりや、のどごし、その場の料理や雰囲気を楽しむとき
かもしれません。またランチタイムに軽くという場合にも、ロックや水
割り・ソーダ割りなどで飲んでもいいでしょう。

ワインを使ったカクテルもあります。白ワインをソーダで割ったスプリ
ッツァや、赤ワインをコーラで割ったカリモーチョ、赤ワインをジンジ
ャーエールで割ったキティなども世界中で親しまれています。また、冬
には温めて砂糖とスパイスを混ぜたホットワインも人気です。

しかし、ワインの奥深さや味の複雑さを楽しむような高級なワインは、
氷や水で薄めてしまうともったいないですので、是非そのままで味わい
ましょう。その場合グラスが冷えていると、水滴がワインに混ざってし
まうことがあるので常温のグラスを使いましょう。

そもそも決められたルールはありませんので、あまり堅苦しく考えず自
分が美味しく楽しんで飲めるスタイルで飲みましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る