ワインの出来が、年や畑の場所で変わってくる理由とは?

例を挙げるとしたら、ブリュゴーニュ産のワインが一番分かりやすいと
思います。フランスのブリュゴーニュ地方は非常に狭く、作り手が一緒、
原料のブドウの品種も一緒なのに、風味が全然異なるワインが出来るの
です。

その理由として、地層の構造が場所によって異なり、畑のある標高や向
き、そして傾斜、特に傾斜によってブドウの日射量と水はけが大きく変
わってきますし、向きによっても日射量だけでなくその土地の平均気温
が変わってくることが理由として挙げられると思います。

フランスのような北半球の高緯度に位置するところでは、太陽の光が垂
直に当たることはありませんから、お日様の光を効率よく吸収するため
には、傾斜が重要になります。よってフランスより寒い地方、例えばド
イツなどではより傾斜が重要になってくるのです。

また土壌の種類や、それに含まれるオリゴ糖やミネラルなどの量や質も
ワインの出来に影響を与えます。これらはブドウ以外の植物の成長にも
重要な影響を与えます。

たかが畑の傾斜と思われるかもしれませんが、傾斜が急なところから緩
やかにだんだんなっているところと、傾斜が全く無い平たんなところと
を比較すると、同じ品種のブドウであっても、成熟度合いに天地の差が
出て来ます。

そのブドウの出来不出来によっては、十倍以上も価格が変わってくるこ
とがありますから、作り手が一緒であっても、ワインの出来はそのまま
ブドウの出来次第であるという発想で考えなければなりません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る