ワインの渋みが強すぎる場合、どうするべきでしょうか?

初めは渋く感じていたのに、時間の経過とともに渋みが無くなっていく。
ワインを飲んでいる時にそんな経験はありませんか?これは食事の最初
と最後で食べているものが違うということと、グラスにそそがれたワイ
ンが空気との接触によりタンニンが酸化し、収斂性が弱体化したことが
原因だと思います。

バターをちょっとなめただけでワインの渋みを全く感じなくなることも
ありますから、ワインとともに食べる料理によってずいぶんと感じ方が
変化するものです。

例えば、すき焼きとワインを合わせるとしましょう。この時ワインだけ
を飲み始めてから、すき焼きを食べ始めるのか、或いはワインとすき焼
きを同時に飲み食べ始めるのかで、渋みに対する印象が天と地ほども異
なるはずです。

ですから、ワインの渋みが強いからといって、それを無理やりに消そう
とするのではなく、うまくその渋みをコントロールできる料理と合わせ
るのが良い方法だと思います。

何をやっても渋みを強く感じる場合は、一度ワインを開封し、空気とた
くさん接触させて、もう一度瓶に戻して飲めば、前述したようにタンニ
ンが酸化し、飲みやすくなっていると思います。

関連記事

ページ上部へ戻る