ワインの香りで注意する点は何ですか?

赤ワインの色が濃ければ濃いほど、お日様の光が降り注ぎ、充分に熟し
たブドウを原料にしたワインだと想像可能です。成熟したブドウは、香
りがより華やかで、濃密な状態ですから、それがそのままワインの香り
にも表れることになります。

ブラックベリー、ラズベリー、ブルーベリーといったベリー系の香りで
赤ワインの香りを表現する場合がよくあります。このベリー系の中でも、
ブラックベリーが一番濃厚な香りを持つ一方、ラズベリーは一番さわや
かな香りがします。

その香りの原因は、酵母から生まれる第二アロマの香りを含め、複雑で
すが、覚えやすく、ブドウの成熟度別に、色が明るいワインがラズベリ
ーの香り、色が濃いワインがブラックベリーの香り、その2つの中間の
色のワインがブルーベリーの香りとイメージしておけば間違いはないで
しょう。

それに対して白ワインは、ワインの色がグリーンっぽい程、青リンゴや
柑橘類のような香りが強く、ワインの色が黄色っぽい程、洋梨やゴール
デンデリシャス、そして黄色いピーチのような香りがして、さらに黄色
が濃くなると、トロピカルフルーツのような独特な香りがします。色と
果実の香りには、ある意味では相関関係があるのです。

そして赤ワインの場合は、ブドウの皮や種子などの固形物からスパイス
のような香りがする一方、白ワインの場合は、ブドウの植物的要素から
ハーブ系の香りのするものが多いようです。

さらに付け加えると、スパイス系、ハーブ系の香りを持つ特性も、気候
風土やブドウの品種の違いによって、千差万別となります。

関連記事

ページ上部へ戻る