ブーケとアロマ、これらの違いはなんなのですか?

ワインの香りは専門的に言うと3種類あります。一つ目がブドウの果実
から出てくるそのものの香り、2つ目は吟醸香(エステル)と呼ばれる
ような発酵と醸造の過程で酵母菌が作り出す香り、そして3つ目がワイ
ンの熟成によって生じる香りです。

アロマと呼ばれるのは、ブドウからワインになるまでの香りを一般的に
指し、ブーケと呼ばれるのは、完成したワインがグラスにそそがれ、そ
れが飲まれるまでの香りです。

ただ現在はブーケという名称はあまり使わず、単に第一アロマ、第二ア
ロマ、第三アロマと言う方が多くなってきてます。ちなみに第一アロマ
はブドウに含まれる香り、第二アロマが発酵や醸造の過程で生じる香り、
第三アロマが熟成で生じる香りをそれぞれ指します。

ワインの香りは普通、時間を経るごとに変化していきますから、出来た
ての若々しいワインは第一アロマと第二アロマが中心、そしてだんだん
第三アロマが主へと変化していきます。第一アロマと第二アロマの香り
が徐々に弱くなり、第三アロマの香りが出て来始める頃が、俗に言うワ
インの香りの休息期間です。この休息期間はワインによって長短がある
のですが、この期間に飲むワインは寂しい感じが少しします。

「このワインは何年目ぐらいが飲み頃だ」というように言う時がありま
すが、果実香る若い時期に飲むか、熟成の進んだ晩年期に楽しむか、ど
ちらかが良い飲み頃だと思います。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る