コルクでわかる?ワインの健康状態

お客にラベルを確認してもらい、ボトルワインの栓を抜いたあと、ソム
リエはコルクをテーブルの上に置きます。これはどういう意味かという
と、コルクの状態をチェックして、ワインが変質していないかどうかを
見ているのです。

ワイン用語で「ブルジョネ」というのですが、コルクに付着した菌が原
因で、ボトルの中でワインに化学変化を与えてしまい、味や香りを変え
てしまうことを言います。基本的にはコルクの上に付着したカビは問題
なく、むしろ美味しい証拠とも言われているのですが、コルクの下の方
(ワインに付着する方)までカビやバクテリアが侵入してしまうことが
あります。

ワインの個性なのかブルジョネによるコルク臭なのか、判断するのは難
しいもの。コルクの下の方の香りをかいで、湿った雑巾のような臭いが
したら、そのワインは変質している可能性が高いと思われます。もちろ
ん、汚染の程度にも「あれ?」というものから「全然ダメ」というもの
までありますが、ワインを開けてから時間の経過とともに臭いが強くな
ることもあります。

なんか変だな、と思ったら、ソムリエにもテイスティングしてもらいま
しょう。劣化したものであれば、取り替えてもらえるはずです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る