ヴィンテージの評価とワインの美味しさは関係ない?

その年の天候が、ワインの原料となるブドウの栽培とって良かったか悪
かったかを評価した、ヴィンテージ・チャートという表があります。こ
れは各政府機関や団体・評論家などワインの専門家が生産地区や生産年
によって評価しており、評価方法は星の数や点数など様々です。

この評価が高いということは、その地区のその年の天候が良かったとい
うことで、それ以上でもそれ以下でもありません。つまり、ヴィンテー
ジ・チャートの評価とワインの美味しさは必ずしも一致しないというこ
となのです。

その年の天候の良さがそのままワインに繋がった年は濃厚なワインが出
来上がり、悪い年は軽めのワインが出来上がることはありますが、一般
的に評価が低い(出来が悪い)と言われた年のワインが、飲んでみたら
とても美味しかったということもよくあります。

また、評価がとても良く価格も高いワインを飲んでみたら期待外れだっ
たとか、逆に評価が悪くて安いワインを飲んでみたら予想外に美味しく
て大満足だったということもあるでしょう。

つまり、他人の評価がどうであれ自分がそのワインに満足したかどうか
ということが一番大事ですから、ヴィンテージ・チャートはあまり気に
しない方がいいということです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る