ワインを美味しく飲むためには、熟成のピークを知ること!

ワインの熟成とは、ワインの味・色・香りが経年と共に変化することで
す。味は酸味が取れてまろやかで複雑な味わいになり、色調は赤ワイン
ならオレンジ色を帯びていき、香りは果物や花など複雑な香りが現れま
す。

一般的にワインは熟成させた方が美味しくなりますが、飲み頃というも
のがあります。飲み頃とは熟成してからその状態が続く期間のことをい
います。

熟成の頂点(ピーク)はワインによって様々で、数ヶ月かもしれません
し何十年かもしれません。予測はできませんが、一般的にボジョレ・ヌ
ーボーのような早飲み向きのワインは急速に熟成し、一定の頂点に達す
ると急速に衰えるのが普通です。

これに対してボルドーの長期熟成型のワインはゆっくりと熟成して、ほ
ぼ熟成の頂点(ピーク)に近いところから長くその昇りつめた状態を続
けて、次第に衰えていきます。

長期熟成型のワインは頂点(ピーク)が極端にはっきりしませんし、少
し衰えかかってもすぐに味が悪くなるというものでもありません。熟成
のパターンは原則としてそれぞれのワインで生まれながらに決まってい
ます。

ボジョレのように2~3年以内が飲み頃のワインや、ボルドーの長期熟
成型のワインのように最低5~6年から15年くらいは寝かせて欲しい
ものもあります。またブルゴーニュやボルドーのように年によってかな
りの違いが出るワインもあれば、あまり違いの無いものもあります。

ワインの保存・貯蔵状態でも大きな影響を受けます。温度が高ければ熟
成は早く進み、低いとゆっくり進みます。そして生まれた所で貯蔵・保
存されたワインは、他に運びだされたワインより熟成が緩やかで寿命が
長いようです。

長期熟成型の高級ワインを美味しく飲もうと思えば、ワインの飲み頃の
知識が必要となります。酒屋でワインを買うなら店の主人に相談すれば
いいですし、レストランで注文するならソムリエに尋ねれば大丈夫。

ただし熟成の頂点(ピーク)と各人の好みは必ずしも一致しないという
ことも忘れてはなりません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る