初心者も美味しいワインは美味しい!

ワインの味覚の訓練は何人かで行うと効果が大きくなります。人数が多
いと開けるワインの本数も多くなり、比較しながら飲めるため、より一
本一本のワインの特徴を掴みやすく、記憶にもとどめやすいためです。

その際、ブラインド・テイスティング、いわゆるワインのラベルを隠し
てワインを当てるゲームなどを行うのも楽しいもの。専門的な内容を当
てるブラインド・テイスティングもできますが、もっと簡単にこのワイ
ンを好きか嫌いかの度合いをいくらかの段階で表現して、結果を他の人
と比べあうだけでも楽しいでしょう。

こういうワイン愛好家によるテイスティングに、ワインを初めて飲むと
いう人に参加してもらうと面白い結果が見られます。一番嫌いなワイン
は、初めての人を含め必ずと言っていいほど全員が一致し、上位二番目
までに入るワインもだいたい一致するようです。

初めてワインを飲んだ人と、ワイン愛好家の評価が一致するというのは
おもしろいもの。ということは、ワイン初心者でもワインの味の違いは
十分わかるということです。

時に、ワイン通なる人とワイン初心者の意見が食い違うこともあります。
これはワインを飲み慣れている人が、渋味や酸味に慣れてしまって、強
く感じなくなっているのに対して、初心者のほうが、ある味覚について
は敏感であるのが原因のようです。

そういう意味では、「専門家の意見にとらわれず、自分の味覚を信じて
ワインを味わう」ことも大切なことと言えるでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る