ワインにみられる甘さと酸の関係

ワインを飲み始めの頃、「おいしい!」「飲みやすい!」と思ったワイ
ンは甘みがすぐに感じられるワインだったかもしれません。特に、適度
な甘さを含んだ白ワインはワインに慣れていない人でも飲みやすく、料
理とも合わせやすいので、一杯二杯と飲み進んでいけます。

ドイツワインのマドンナや、黒猫ラベルでおなじみのツエラーシュバル
ツカッツなど初心者に飲みやすいと評判のワインですが、どちらも適度
な甘さが含まれているのが特徴。

この適度な甘さを含んだ白ワインの飲みやすさを引き立てているのは、
実は甘味ではなく酸味が働いているから。甘いだけだと、わずかの量で
も口にいつまでも甘さが残って、その甘さを水などで流したくなってし
まうときがあるほど。

でも甘い中に適度な酸味が含まれていると、甘味の持つくどさや重たさ
を酸味がきりっと引き締めて、味わいも喉ごしも爽やかにしてくれます。

このように甘味と酸味をうまく兼ね備えた白ワインなどは一緒に食べて
いる料理の味わいも引き立たせるので食が進み、あっという間に1本の
ワインを空けてしまったりするほどです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る