ワインセラーの電源の振動はワインに悪影響では?

ワインが振動することによってボトル内の空気が酸化し、劣化しやすく
なるのでは、という懸念は確かにあると思いますし、可能性は否定でき
ません。ですからワインセラーの電源の振動が気になるという気持ちも
分かります。

しかし、コンプレッサーの作動時間が長い冷蔵庫と違い、設定温度が1
5℃前後のワインセラーのコンプレッサーは、夏場以外ほとんど作動し
ませんので、ワインに影響を与えるほどの振動はないといえるでしょう。
むしろ電源の振動よりもコンプレッサーの音の大きさの方が気になるく
らいです。

また、海中で保存していたワインを開けてみたところ、熟成の進み具合
が遅かった(酸化による劣化はなかった)というフランスでの興味深い
実験結果もあります。

海中で保存していたということは、波や海流の影響を受けて揺られてい
たはずなのです。その振動による劣化が見られなかったということは、
ボトルがきちんと密封されていて急激な温度変化がなければ、振動はさ
ほど問題にはならないということなのです。

このことから、ワインセラーの電源の振動はワインに影響は与えないと
思われます。それほど神経質にならなくても大丈夫でしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る