ワインセラーはどういったものがおすすめ?

近年家庭用のワインセラー(保冷庫)は多く普及しており、その種類は
セラーの容量だけでも20本~200本と幅広く、どういったものを買
えばいいか迷う人も多いと思います。

まずチェックすべきことは、故障したときにきちんとメンテナンスをし
てもらえるのか、大型の場合はワインを入れたときの重さに床が耐えら
れるかということです。またセラーの下部に水が入れられる場所があれ
ば尚良いでしょう。

特に夏場は、長期外出などで室内の温度がずっと30~40℃になる時
期がある場合、セラーは欠かせません。またクーラーが効いているとき
とそうでないときとの温度変化も気になりますので、夏場でも15℃前
後をキープできるものが理想です。

ワインの保存に乾燥は厳禁で、ある程度の湿度を保つことが重要になっ
てきます。しかし、湿度が高すぎるとラベルの汚れやはがれ、キャップ
シールとコルクとの間の結露によるキャップシールの鉛の腐食、悪性の
カビの発生など様々な問題が起こりうるので十分に気をつけて下さい。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る