ワインは寝かせて保存?立てて保存?

ワインは寝かせて(横にして)保存した方がいいという話をよく耳にし
ます。これは、立てておくとコルクが乾燥して密閉度が下がり、酸素を
ボトル内に取り込みやすくなって酸化しやすくなるからと考えられてい
るようです。

しかし長期間寝かせておくと、逆にコルクが常にワインと接しているこ
とで崩れやすくなることも考えられます。立てておけばそのリスクはな
く、ボトルの上部のわずかな空間の湿度はとても高いはず。それよりも
大切なのは、保存している部屋の湿度の方だと言えます。

乾燥や湿度変化を避けたいのであれば、水の中で保存するのが一番いい
のかもしれません。温度変化も空中より緩やかなので海中で保存してい
るところもあるほど。

また直射日光や紫外線はもちろん、ワインに急な温度変化を与えること
は絶対に避けなければなりません。40℃以上の高温になると熱膨張で
吹きこぼれてボトルに空間ができますし、逆に急に冷たくしても酸素を
多く液体に取り込もうとするので急速に酸化し劣化してしまいます。

できるだけ温度変化や湿度変化のない場所で、ボトル内の少ない空気で
ゆっくり酸化させるのがいいでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る