余ったスパークリングワインの保存方法

スパークリングワインは、炭酸が含まれているため、早く飲みきってし
まわなければいけないようなイメージがあるかもしれませんが、実は非
発泡性のワインよりも酸化の速度がゆっくりですので、長く味わうこと
ができます。

これはスパークリングワインを飲むことによって、ボトルにできる空間
に二酸化炭素があるからで、ワインが半分以上残っていれば炭酸もあま
り逃げずに保存できるので慌てて飲む必要はありません。

ワインが半分以下の状態で保存すると、やはり炭酸が少し抜けてスパー
クリングワイン特有の刺激が少なくなってしまいます。それでも味わい
は変わりませんので、フルーツジュースで割ったり、梅酒のロックに加
えたりすると口当たりも変わって、一味違った美味しさが味わえるでし
ょう。

スパークリングワインを保存するための専用の栓がありますので、少な
くとも一つは常備しておきましょう。そうすればかなり時間が経った後
でも美味しく飲むことができますので、是非活用して下さい。

関連記事

ページ上部へ戻る