残ったワインは次の日に飲んでも大丈夫?

ワインは、栓を抜いたあと、周りの空気に触れて酸化することで味わい
や香りが変わっていくもので、その過程を楽しむのもまたワインを味わ
う醍醐味の一つです。

若くてフルーティーなワインは特に時間が経ってもそれほど味わいに変
化がありませんから、万が一飲み残してしまっても空気に触れる部分を
小さくして密封しておけば、次の日に飲んでも全く問題ありません。

残ったワインはボトルを横にせず、立てた状態で涼しい場所に保管しま
しょう。また次の日だけでなく一週間くらい楽しみたいという方には、
更におすすめの保存方法があります。

それは、残ったワインを綺麗に洗って乾かしたハーフボトルに移し替え
て保存することです。小さいボトルいっぱいに詰めて乾いたコルクで密
閉することで空気に触れる部分がより小さくなり、酸化のスピードが遅
くなるため、味が変化しにくくなるのです。

そのコルクにラップを巻いて栓をすると、さらに密閉度合いが高まって
長く味わうことができます。一本全部は飲みきれないという人や、次の
日に残しておきたいという人は是非この方法を試してみて下さい。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る