ワインの保存と運搬に振動は禁物!?

ワイン・セラーは温度と湿度を管理してワインを保存する長期貯蔵専用
庫のことです。温度は13~15度前後、湿度は70~80%を長期に
保つ事、光や音や振動の影響を受けない事が条件になります。

フランス語ではカーヴ(cave)、ドイツ語ではケラー(kelle
r)と呼ばれています。貯蔵専用庫でもワイン・クーラーは短期間冷や
すことを目的としており長期保存するものではありません。

ワインの質を損なう条件には、温度と湿度の他にもう1つ重要なものが
あります。それは「振動」。「直射日光・高温(温度の急激な変化)・
振動」それらは従来から貯蔵の三大タブーと考えられていました。

しかしマット・クレイマー氏によるシングルトン博士の学術的実験によ
ると、「振動」はそれほどワインの質に影響を与えないとの結果が出た
そうです。また航海中の船の揺れのようなゆっくりとした振動はワイン
保管に差し支えないと考える方もいます。

それでも従来から「振動」はタブーと考え、最近のワイン・セラーやワ
イン・クーラーのモーターから出る微振動が気になるなど振動に関する
意見は人さまざまです。

ワイン・セラーが絶対に必要なのは、超高級ワインを長期貯蔵するなど
特別な場合です。ワインは「暗く」「涼しく」「温度の変化が少ない」
場所に保管できればワイン・セラーを用意する必要はありません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る