保存がいいワインと悪いワインの見分け方

保存状態が悪いワインは劣化が早く、酸化しすぎてしまって香りや味わ
いが損なわれてしまいます。そのようなワインに出会ってしまったら、
その店では古いワインは買わないとか、銘柄と年号を覚えて避けるよう
にするなど対処が必要です。

劣化したワインはまずその色に違いが表れます。赤でも白でも褐色で茶
色っぽいものは劣化している可能性が高く、更に藁や果物が腐ったり煮
詰まったりした臭い、舌を刺激する苦味や酸味など、不快な印象を与え
ます。

保存がいいワインと悪いワインを見分ける手段として、まずキャップシ
ールを取ったときのコルクの状態を見るという方法があります。

コルクにカビが付着していても、それだけでは劣化しているとは言えま
せん。カビが生えるということは湿気があり、コルクが湿気で膨らんで
ボトルがしっかり密封されていて、酸化しにくい状態であったというこ
とだからです。

特に真っ黒なカビの場合は、ワインに適した低温高湿の状態で保存され
ており、ワインの酸化防止や湿度の維持という役割を果たしていた証拠
ですので、保存状態がいいと言えます。

逆に青カビの場合は、そのカビ臭さがワインに付いているかもしれませ
んので注意が必要です。また湿度が高くても温度差が激しいと、結露し
た水分がキャップシールとコルクの間に溜まって腐り、その腐臭がワイ
ンに移っている可能性があります。

関連記事

ページ上部へ戻る