年による出来・不出来が起こってしまう理由

ワインは毎年その出来・不出来がマスコミによって宣伝されます。一般
的に、良いブドウがたくさん取れれば良い物ができて、ブドウが不作の
年は出来が悪くなると考えがちで、多くの方はそう思っているようです。

確かにヴィンテージチャートには大豊作と書いてあるけれど、実は必ず
しも出来がいいとは限らないのです。ブドウの採れ過ぎで過産になった
結果平凡なものになってしまったり、良いブドウだったのに醸造元が失
敗してしまったりと理由は様々ですが起こりえることなのです。

逆もまた同じ。ヴィンテージチャートには不作と書いてあっても、とて
も良いワインにめぐりあうことがあります。気候が悪く(冷夏など)も
う駄目だと思っていたら、収穫期に天候に恵まれてよいワインになった
ということがありえるからです。生産量が少ないとしても、極上のワイ
ンは出来るものなのです。

こうして、一般論に加えて気候や生産者側の行動など様々な要素で出来
・不出来が決まってきます。さらに、消費者を混乱させるのは商業的な
思惑です。

取引量の多いワインは数フラン違うだけで、利益が大きく変わってくる
ものです。業者により、良いワインが、けなされてしまうなど、デマや
中傷などが飛び交うことも・・・。また、最初に書いたようにマスコミ
もはやし立てるので本当のことが分からなくなってしまいます。

あくまでもこれらは予想でしかありません。たいしたことないワインで
も年月が経つと持ち直すこともあるのです。総括的な評価をしたり即断
したりするのは危険だということ。だからこそ、徹底的にこだわること
で面白くなっていくのがワインの世界だと思うのです。

関連記事

ページ上部へ戻る