ワインの品質を見た目で判断するポイント

ワインはとてもデリケートで、瓶詰めされて出荷された後も瓶の中で熟
成されており、温度・湿度・光・振動などさまざまな環境の変化によっ
て品質が左右されます。

ワインの品質を見た目だけで判断するのは難しいですが、白ワインやロ
ゼワインはほとんどの場合透明なボトルに入っていますので、比較的判
断しやすいと言えます。全てのワインに必ず当てはまるとは言えません
が、品質を判断する一般的なポイントをご紹介します。

白ワインの場合は、イエローやライトグリーン・グリーンがかった透明
感のある色ではなく茶色っぽくなっていたら、品質劣化の可能性が高い
ので避けた方がいいでしょう。白ワインは熟成すると色が濃くなります
が、劣化すると褐色がかってきます。また濁りや曇りがある白ワインも
避けた方が無難でしょう。

同様にロゼワインも、鮮やかなピンク色やサーモンピンクではなく茶色
がかった色になっていたら、買わない方がいいでしょう。

赤ワインの場合は、光の影響を抑えるために透明のボトルではなく緑な
どの色がついたボトルが使用されているので、見た目で品質を判断する
のは難しいと思います。

ボトルを少し傾けて照明に当て、口の部分を透かして見える色で判断す
るのですが、ボトルの色によっても違いますしワインの性質によっても
変わってきます。素人では判断できないと思いますので、潔くプロに任
せた方がよいかもしれません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る