安いワインを買うときはここに注意!

千円以下の安いワインは、手軽なデイリーワインとして活躍してくれま
すし、最近は種類も豊富になってきてスーパーでもコンビニでもよく見
かけます。しかしこのような安いワイン買うときには、気をつけなけれ
ばならないポイントがいくつかあります。

【年号表示のないワインに注意!】

まずは年号です。そもそも年号表示のない安いワインはお勧めできませ
ん。年号表示がないのは、収穫年が異なるブドウを原料として造られた
ワインで、比較的若いワインと言えます。安くて若いワインは、長期間
かけて熟成されるワインと違って酸化しやすく、品質が低下しやすい傾
向にあります。

特に客の出入りが少なく、商品の回転が良くないお店は避けましょう。
そして、酒屋なら輸入時期や入荷時期を聞いてから買いましょう。そん
なこと聞くのは失礼かも・・・、という遠慮はいりません。その質問に
答えられないようなお店では買わない方が賢明です。

【秋のワインに注意!】

次に気をつけなければならないのが、秋にワインを買う場合です。千円
以下の安いワインは店頭に無造作に置かれている場合が多く、きちんと
温度管理されていない環境にあります。その状態で暑い夏を越したワイ
ンは、品質が悪化している可能性が高いと思った方がいいでしょう。

ですから、秋に安いワインを買う時は、夏からあったワインなのか秋に
なってから輸入されたワインなのかを確認して、新しく輸入されたもの
を買うようにしましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る