いいワインを買いたいならお店選びから!

ワインを買うとき、どの銘柄を買うか決まっているならともかく、とり
あえずお店に行って何かいいワインがあれば買おうと思っている人は、
まずはいいお店選びから始めましょう。はっきり言って悪いお店にいい
ワインは置いていません。

それではいいお店とはどのようなお店でしょうか?いくつか押えておく
べきポイントがありますので覚えておいて下さい。

【価格帯・銘柄の品揃え】

まずは価格帯の品揃えです。特に家庭でよく飲まれるような千円~三千
円程度のワインを多く取り扱っているお店はいいお店だと言えます。そ
して国やブドウの品種が偏っておらず、様々な国や品種の銘柄が置いて
あるのも大切なポイントです。逆に数万円もするワインしか置いてない
お店や、有名な銘柄ばかりを置いているような極端なお店は避けた方が
いいでしょう。

【商品管理・在庫管理】

ワインが綺麗に並べられ、丁寧に取り扱われているかどうかもポイント
です。商品管理や在庫管理がきちんとされていないお店は、取り扱って
いるワインもお勧めできません。

【店員の対応・アドバイス】

実際に店頭でワインを買う場合に一番重要なのは、店員が自分のお店の
ワインをどれだけ理解しているかということです。細かいウンチクばか
りで実際の味やどのような料理に合うかなどの質問に答えられない店員
は論外です。逆に自分の好みやどういったときに飲むかなど、TPOに
合わせてアドバイスしてくれるような店員がいるお店は信頼できます。

このようにまずはいいお店とそうでないお店の見分け方を知って、賢く
お店選びをしましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る