ワインを飲んだからって老け顔になったりはしません

いわゆる「疑似科学」の問題はどこにあるかというと、その情報を見た側が自分の頭で考えず、それを鵜呑みにして信じることにあるのです。

例えば「マイナスイオンが健康によい」という有名な疑似科学。一時期は各家電メーカーまでそれを信じて「マイナスイオンを出す家電」が大量に作られました。

で、そういうのに近いものに擬似健康法があります。

あるアメリカの「自然療法」の専門家は、ワインは皮膚を乾燥させ、コラーゲンを破壊して、さらに破壊された皮膚の修復を助ける酵素の働きを阻害するので、ワインを飲んでいると「老け顔」になるといいます。

ここが擬似たる所以で、一見理論だっているようですが、「なぜそうなるか」という根拠がないのですね。

根拠といえるのはこの人物が「いっぱい患者を見てきてそう思った」というだけ。

つまり根拠なしというのと同じです。

もちろん、ワインに限らずアルコールの摂り過ぎは体に悪いに決まっています。しかし、それも程度の問題。

擬似健康法の特徴は、極端なこと。根拠なく言い張るだけというのは宗教と同じであって、医学とは程遠いものです。

ワインは適度に楽しむぐらいなら、それがもとで「老け顔」になることなんてありません。老け顔が心配なら、ワインを断つよりも適切なスキンケアと栄養摂取をすべきですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る