Q.コルクがワインの中に落ちてしまったら、飲めないですか?

ワインのコルクを開けるのに失敗した場合、むしろ、割り箸などでコルクをボトルの中に押し込んで、ワインの中に落としてしまったほうがよい場合があります。

コルクは、もともとワインと接触しています。

当然、コルクにはワインと接触して問題のない材質が使われています。それがワインの中に落ちてしまったとしても、何も問題ありません。

コルクをワインの中に落とし込んだあとは、そのままワインをグラスにそそぐか、デキャンタージュすればよいと思います。

また、コルクのくずが細かくて気になる場合は、茶こしなどの細かい網を使って、こしてもよいのです。

コルクが細くなるほど古いワインの場合、普通の力加減でスクリューを差し込もうとすると、その勢いでコルク全体がボトルの中に入ってしまうことがあります。

この場合、ボトルからワインが噴き出して、周囲を汚してしまうことがあります。

ワインのシミはすぐ取り去らないと、クリーニングに出さないといけなかったり、なにかと手がかかります。

これにも気をつけたほうが良いでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る