種類で分かるワインの基礎知識

お酒は製造方法により、醸造酒・蒸溜酒・混成酒に分けられます。ワイ
ンは日本酒やビールと同じく、フルーツや穀物原料を発酵させた醸造酒
の仲間。

さらにワインを大まかに分類すると、スティルワイン(非発泡性ワイン)
・スパークリングワイン(発泡性ワイン)・酒精強化ワイン・混成酒の
4とおりに分けられます。

スティルワインは皆さんよくご存知の一般的な赤・白・ロゼワインのこ
とです。アルコール度数は大体9~14度。

スパークリング・ワインは泡の立つワインのことで、シャンパーニュな
どが代表的。

酒精強化ワインとは、スティルワインの発酵中もしくは発酵後にブラン
デーなど高い度数の酒を加え、保存性を高め、コクを深めたものです。
ポルトガルのポートワインやスペインのシェリーなどがよく知られてい
ます。

混成酒はスティルワインに香辛料や薬草などを加え、独特な風味に仕上
げたものです。食前酒や食後酒にも用いられ、イタリアのベルモットな
どが有名です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る