ワイン用と食用、ぶどうの品種の違いとは?

ぶどうの品種はワイン用と食用とに分かれています。食べると食用のほ
うが甘く感じるのですが、実はワイン用品種のほうが格段に糖度が高い
のです。食用ぶどうは果皮が薄くて種が小さいため、果汁が豊富で強い
甘みを感じられるためです。

実は世界で収穫されるぶどうの約80%はワイン用で、およそ1000
種類もあります。代表的なものでは、赤ワイン用がカベルネ・ソーヴィ
ニヨンやメルロー、白ワイン用がソーヴィニヨン・ブランやシャルドネ
という品種。

ワインづくりに適しているのは、農作物で理想とされる肥沃な土とは違
い、痩せていて水はけのよい土地。肥沃な土地では枝葉の生育が良すぎ
て実に栄養分が集まらないのです。

一方、水も栄養も少ない土なら、木が水分と栄養を求めて地中深くまで
根を伸ばします。そうすることで地層の養分までたっぷり吸い上げて、
果実に凝縮させるのです。ワインはぶどうの育った地中のミネラル分な
どの違いから、地域による風味の違いを生み出しているのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る