産地によるワインの違いとは

ワインの原料であるぶどうは、寒すぎる気候でも暑すぎる気候でも育ち
ません。生育に必要な様々な条件を満たす四季をあわせ持つ土地が理想
です。実際には北緯30~50度・南緯20~40度の範囲で、産地が
集中しています。

土地や自然環境などによって味に大きく違いが出るのがワインです。も
し同一品種から作られたワインだとしても、その個性は産地ごとに違っ
たものになります。

ワインといえば代表的なのがフランス。その生産量は世界全体の2割ほ
ども占めており世界一。フランスでは土壌のおよそ半分強がぶどうが好
む石灰質であることが、良質なワインを生み出す大きな要因でもありま
す。

フランスではボルドー・ブルゴーニュ・ローヌがワインの三大名産地。
気候的にちょうど中間に位置するこれらの三地域より北では白ワインが、
逆に南では赤ワインの生産が盛んです。

ほかに白ワインが有名なドイツや、どちらかといえば赤ワインを得意と
するイタリアやスペインが産地として知られています。

関連記事

ページ上部へ戻る