ワインの歴史はどれくらい古いもの?

ブドウという植物は、何と有史以前から自生していたことが分かってい
ます。大変貴重なものとされていたブドウから作られたワインは、人類
が出会ったはじめてのお酒だともいわれます。保存してあったブドウが
自然につぶれることで果汁が発酵し、そこからアルコール分を持つ液体
と変化したものが原型でした。

その歴史はおよそ5000年前ともそれ以前ともいわれます。一般的に
ワインが飲まれるようになったのは、紀元前1500年あたり。ちなみ
に日本でワインが作られ始めたのは明治時代のことです。

古代エジプトの壁画にも旧約聖書にも、ワインに関する描写や記述が登
場します。我々人類にとって、非常に付き合いの長いお酒といえます。

ローマ時代あたりには、現在と基本的には似たような製法が確立されつ
つありました。長い年月を経て器具や衛生面が大きく改良され、近代化
が進んだものの、シンプルで奥深いワインの製法そのものは変わっては
いません。

関連記事

ページ上部へ戻る