ワインの製法によって白・赤・ロゼが生まれる

白ワインは一部のものを除いて、一般的には白ブドウを原料に使用しま
す。ブドウの実を圧搾して、果汁を取り出したものだけを発酵させます。
果汁のみを使用しているので、さわやかな酸味と甘みのバランスが白ワ
インの魅力となります。

赤ワインの原料は黒ブドウです。これを軽くつぶして果梗(ブドウの実
を支える軸)を取り除き、果皮も種子も丸ごと果汁を発酵させていきま
す。こうすることで赤ワイン特有の渋味や強い色合いがつくのです。

ロゼワインの製法の一つは、黒ブドウを使用する点では赤ワインと同じ。
実を丸ごと漬け込んだ果皮から色素が出て、ほんのりピンク色の果汁に
なったものを抜き出し発酵させるのです。

赤ワインの場合は色・渋みが果汁にじっくりと溶け出すまで2~3週間
をかけます。いっぽうロゼワインでは6~36時間程度しか漬け込みを
行いません。

ロゼにはもう一つ違う製法があります。白ワインに近い作り方で黒ブド
ウを圧搾し、果汁に自然ににじんだ色合いがロゼとなるのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る