ヴィンテージ・ポートの扱い方のコツ

ヴィンテージ・ポートはプロのソムリエでも扱いが難しく、抜栓もデキ
ャンタージュも大変ですから、レストランに持ち込んで熟練したソムリ
エにお任せしましょう。

ポートはリコルクをしないのでシャンパンのコルクと同様下部が硬く大
きくなっています。また瓶口の独特な形に添ってコルクがラッパ型に膨
らんでいるため、まず上手に抜けません。

更にポートは糖分が多いため、長く置いておくとその糖分によってコル
クとボトルが密着し、無理に抜こうとするとスクリューを差し込んだ部
分だけ割れて、周りがボトルにくっついたまま残ってしまいます。

それを避ける方法として、熱した専用ペンチでコルクの下の部分を挟ん
だあと、冷たいタオルを当ててボトルの首の部分を割る方法があります
が、レストランでは通常この方法は使いません。

一般的には穴が開いたコルクを専用の金具で引き抜くか、コルクをボト
ルに押し込んで専用の網付漏斗でデキャンタージュします。ポートはワ
インと比べて澱が非常に多いため、ある程度カラフェに移したら残りを
全て澱ごと紙などを使って濾します。

ポートはすぐに飲みきらなくても大丈夫なので、蓋付きのカラフェに移
してゆっくり数日かけて味わう楽しみがあります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る