澱のあるワインはそのままでも大丈夫?

ワインボトルの底に沈んでいる澱の正体は、ワインに含まれている色素
やタンパク質、酒石酸、カリウム、カルシウムなどの成分ですので、口
にしても体に害はありません。

しかし結晶化したものはザラメ状になっていて舌触りが悪いですし、澱
が混ざった状態でグラスに注ぐとワインの透明感がなくなってしまいま
すから、できるだけ澱がない状態で飲みたいところです。

その方法としては、ワインを買ってきたら涼しい場所に立てて置いてお
き、一~二週間したらラベルを上にして寝かせます。そうすると、ボト
ルの底の一部にだけ澱が溜まっている状態になり、栓を抜くときにボト
ルが立っていても斜めでも澱を動かさずに抜くことができます。

そして澱がボトルの一ヶ所に溜まった状態で慎重にグラスに注ぐか、デ
キャンタージュをしてカラフェに移すことによって、澱の混ざらないワ
インを飲むことができます。

昔のヴィンテージワインなどは特に澱が多いので、できるだけこの一連
の作業を行うようにしましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る