そもそもデキャンタージュって何をどうすること?

デキャンタージュという言葉はよく耳にするけど何のこと?という人も
いるかもしれません。デキャンタージュとは、長期間熟成され保管され
ている間にできた澱(オリ)を取り除くために、カラフェと呼ばれるピ
ッチャーにワインを移し替えることです。

その方法は、ワインのボトルを少し斜めにしてゆっくりと抜栓し、電球
の光やロウソクの光でボトルの肩口を照らしながら、澱だけ残してでき
るだけ多くワインをカラフェに移します。

一般的にはなで肩ボトルのブルゴーニュはデキャンタージュせず、いか
り肩ボトルのボルドーはその肩の部分に澱を溜めてデキャンタージュす
るものだと言われていますが、あくまでも一般論で、例外はたくさんあ
ります。

そしてデキャンタージュには、澱を取り除く以上に大切な目的がありま
す。それは、ワインの目を覚ますことです。移し替える時に空気に触れ
させて酸化させることによって、眠っていたところを起こし、そのワイ
ン本来の香りと味わいを取り戻すのです。

これはとても重要なことですが、デキャンタージュすることでワインを
酸化させすぎてダメにしてしまう可能性があるなら、澱を取り除くため
のデキャンタージュすらしない方がいいケースもあります。その場合は、
澱の動きに注意しながら、そのままグラスに注ぐようにしましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る