外側から見る場合、ワインの色以外に注意するところはありますか?

色以外でしたら、ワインの粘着性に着目しましょう。辛口ワインの場合
は原則、比重がアルコール度数で異なりますから、ワインの粘着性の度
合いも異なるのが当然です。

早い話が、アルコール度数が上がるにつれて、比重が軽くなり、ワイン
の表面は凹レンズのような見た目になって粘着性も強くなります。この
ため粘着性からそのワインのアルコール度数が判断できます。

涼しい地方で製造されたワインは、一般的に粘着性がなく、アルコール
度数は低いのですが、その地域であれば、当たり年のワインは、粘着性
が強く、アルコールにボリューム感があふれています。

ですから、同じ地域で製造されたものであっても、粘着性が強いものは
それだけ高価になることがあります。ただし補糖してアルコール度を高
めるという方法を涼しい地方では用いる場合がありますから、そういう
場合、ボリューム感は糖分添加によるものですので、注意が必要です。

「涙」や「脚」という表現が、ワインの粘着性を見る場合に使われる時
があります。これはワイングラスの縁を伝って落ちる滴の状態を表現し
たものです。それ以外にも、表面張力の厚みを「ディスク」と表現しま
す。ただし、アルコール度数が高いからといって、それが上質のワイン
と一概に言える訳ではありません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る