ヴィンテージっていったい何?重要なことなの?

ワインの世界で『ヴィンテージ』という言葉がよく聞かれます。最近で
は、ジーンズなどにおいてもこの『ヴィンテージ』という言葉がチラホ
ラと聞かれます。では、ヴィンテージとはいったい何なのでしょうか?

元々ヴィンテージとは『収穫する』という動詞から生まれた名詞です。
ある年のブドウの「収穫」そのものや「収穫量」、「収穫期」を一般的
には意味しています。そして、ワインの世界では、少し特有の使われ方
がされています。

通常、『ヴィンテージ』というとブドウの年による出来、不出来の
「作柄」を意味し、また、「収穫年」を意味することもあります。

また、「ヴィンテージ・イヤー」や「ヴィンテージ・ワイン」というと
「当り年」や「当り年のワイン」という意味になります。

では、このような意味の「ヴィンテージ」という用語ですが、ワインを
飲む上で重要な事柄なのでしょうか?プロなら気にするところでしょう。
各年の出来具合を数字などでマークしている「ヴィンテージチャート
(作柄年表)」というものも出ているくらいです。

しかし、ただワインを楽しみたいという方であればさほど気にする必要
はありません(ただし、シャンパンとポートを除いて)。理由としては、
ヴィンテージがさほどワインの味には影響しないということ。また、醸
造技術も発達しており、極上ワインにはかなわないものの、それなりの
ワインが造れるようになったということも理由の一つと言われています。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る