ボトルの大きさにはこんなに種類がある!

ワインボトルと言えば、誰もが最初に思い浮かぶのは750mlのボト
ルだと思います。最も一般的な大きさのボトルですね。これはフランス
語でブテイユ(Bouteille)と言います。ボトルのフランス語、つまり
瓶という意味です。

では、他にはどんな大きさのボトルがあるでしょうか?次に一般的なの
は2分の1サイズ、いわゆるハーフボトルでしょうか。レストランでも
「1本は飲めないけどハーフなら・・・」と注文する人もいるでしょう。
ハーフボトルはフランス語でドゥミ・ブテイユ(Demi-bouteille)と言
います。

また、お酒が飲める喫茶店や新幹線・飛行機などの移動販売でよく見か
けるのが4分の1サイズのクォーターボトルです。これはフランス語で
キャール(Quart)と言います。

さて、小さなボトルをご紹介してきましたが、大きなボトルにはどのよ
うなサイズがあるかご存知ですか?実は最大で20本分も入る大きさの
ボトルがあるのです。

2本分がマグナム(Magnum)と言うのはまだ聞いたことあるかもしれま
せん。更に4本分はジェロボアム(Jeroboam)と言い、6本分はレオボ
アム(Rehoboam)、8本分はマチュザレム(Mathusalem)と言います。
4本分、6本分、8本分は、ボルドーではそれぞれダブル・マグナム、
ジェロボアム、アンペリアルと言います。

そして12本分をサルマナザール(Salmanazar)、16本分をバルタザ
ール(Balthazar)と言い、一番大きな20本分のボトルはナビュコド
ノゾール(Nabuchodonozor)と言います。

あまり使う機会はないでしょうが、豆知識として頭の片隅にでも覚えて
おくといつか役に立つかもしれませんね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る