「ドメーヌ」と「ネゴシアン」はどう違うの?

ドメーヌというのは、自らの畑でブドウを栽培しワインを醸造している
生産者のことです。スーパーなどで最近よく見かける「○○さん家の野
菜」といったときの「○○さん家」がワイン造りでいうドメーヌにあた
ります。

ドメーヌは、畑の土壌からブドウの栽培方法・醸造方法まで妥協せず質
を追求し、ワイン造りの一から十まで丹精込めて造ることができます。
しかし、どうしても中小規模の家族経営的な生産になってしまうため、
大量生産はできません。また災害や病害・悪天候などで生産量や品質に
大きな被害が及ぶ可能性もあり、リスクが高いとも言えます。

一方ネゴシアンとは、ドメーヌからブドウを買い付けて醸造・販売した
り、ワイナリーからワインを買い付けて熟成・販売・輸出したりする生
産業者です。

自らの畑だけでなく他の農家からブドウを仕入れるため、生産量が多く
大規模生産が可能です。特定の農家のブドウに被害があっても他の農家
のブドウでカバーできるので、リスクも分散されて安定した生産ができ
ます。ただし大量生産ゆえに、個性の弱いワインになってしまう傾向が
あります。

どちらが高品質かという問題はさておき、ドメーヌとネゴシアンの違い
は生産者の業務形態にあると言えます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る