シャトーと付くのは高級ワインの証拠?

シャトー・マルゴー、シャトー・ラトゥール、シャトー・ムートン・ロ
ートシルト、シャトー・ラフィット・ロートシルト、シャトー・オー・
ブリオンなどの五大シャトーに代表されるように、頭にシャトーと付く
ワインは高級ワインのイメージが強いですよね。

しかし「シャトー」というのは、主にボルドー地方で使われている単な
る「ワインの醸造所」「ブドウ園」のことで、ワイナリーそのものを指
します。ボルドー地方と一言で言ってもその範囲は広いため、生産者た
ちがそれぞれ自分の醸造所やブドウ園の名前をシャトーの後に付けて、
自分のブランドとしてラベルに表示するようになったのです。

ですので、シャトー・○○とラベルに書いてあるからといって高級ワイ
ンだとは限りません。単なるブランド名として認識しておいて下さい。

ただボルドー地方のシャトーでは伝統的にワイン造りが行われており、
生産者がブドウの栽培・収穫から瓶詰めまで一貫して行います。そのた
めシャトー同士で品質を競い合ってきたという歴史があり、その過程で
高級ワインが生産されるようになったと考えられます。

このシャトーには政府機関が地域ごとに定めた公式な格付けがあります
ので、それがさらに高級感を感じさせる原因になっているのかもしれま
せん。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る