ワインの顔「ラベル」に書かれた年号の意味は?

ワインを選ぶとき、まず目に行くのがラベルだという人も多いと思いま
す。迷った時には好みのラベルのワインを選ぶという人もいるかもしれ
ません。このように、生産国や産地・生産者・年号などが書かれている
ラベルはワインの顔とも言えるのです。

ラベルに書かれてある年号はヴィンテージと呼ばれ、そのワインに使わ
れたブドウが収穫された年を表します。瓶詰めされた年や出荷された年
ではありません。つまりラベルに1990と書かれていたら、1990
年に収穫されたブドウを使って造ったワインということなのです。

ワインは日本酒やビールと違って水を加えず、ブドウのみで造られるお
酒ですので、原料となるブドウの出来がワインの出来に大きく影響しま
す。そのため、どの年に収穫されたかを表すヴィンテージが注目される
のです。

そして、天候に恵まれいいブドウが収穫できた年を「ヴィンテージ・イ
ヤー」と言います。これはワインの専門家がワインを評価し、価格を判
断する基準にもなるもので、ヴィンテージ・イヤーのブドウで造られた
ワインは長期間かけて熟成されるため投資の対象になりやすく、値段も
年々熟成されるにつれて上がっていきます。

ただ評価が悪い(天候が悪かった)年のワインが美味しくないかという
とそうではなく、むしろそういう年にいいワインを造る生産者は素晴ら
しい生産者と評価されますし、熟成が早く日頃楽しむワインとして幅広
く受け入れられるものでもあるので、一概に「ヴィンテージ・イヤーの
ワインだからいいワイン」とは言えないのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る