ワインが美味しくなるワイングラスを選んでみよう

ワイングラスには様々なヴァリエーションがありますが、それほど細か
く考えることはありません。

基本的な「チューリップ型」は、ワインの香りを楽しめるように口元が
ほどよく内側に少しカーブした形をしています。

ボール部分が大きく膨らんでいる「バルーン型」は、空気に触れる表面
積が大きいため、ワインの香りが素早く立ち上ります。

気泡が出るシャンパンやスパークリング・ワインは背が高く細長い「フ
ルート型」のワイングラスです。細長いため気泡がグラスの底から上の
方へ立ち昇る様子をゆっくりと楽しむことができます。

浅い「ソーサー型」のワイングラスはクープ・グラスと呼ばれ、一気に
飲めるのでパーティの乾杯時などに使用されます。

このようにワイングラスには形により様々な役割がありますが、基本的
な役割は「温度」「香り」「味」を適した状態に維持することです。

小さいワイングラスより大ぶりの方がワインの味はわかります。たとえ
ばピノ・ノワールの香りが特徴的なブルゴーニュなら大ぶり広口型のワ
イングラスにして量を少なめに注ぎます。

ボルドーならチューリップ型の深いワイングラスにワインをたっぷり注
いだ方が楽しめます。

またシェリーなどアルコール度数の高い酒精強化ワインは、小ぶりのワ
イングラスで少しずつ飲みます。白ワイン用のワイングラスも温度が上
がらないように、小ぶりに作られています。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る