コルクを壊さず抜くのに必要なものはコレ!

普通のコルク抜きは、らせん状の針をコルクに挿して引き抜くものなの
で、コルクの中心にゆっくり垂直にらせん針を差し込みます。

特に年代物のワインはコルクがボトルに貼り付いたり脆くなっており、
慎重に抜かないとコルクが折れたりワインボトルの中に入ったりしてし
まいます。

T字型、ソムリエナイフ、エアポンプ型など、世界には様々な型のワイ
ンオープナーがあります。ですがコルクを壊さずに抜くのは至難の技で
す。

そのためにこの難問を解決しようとワインオープナーはいろいろな工夫
されてきましたが、現在は「はさみ式栓抜き」がよく使われています。

「はさみ式栓抜き」は2本の長い鋼板が付いていて、これをコルクとボ
トル口のガラスの間に差し込みコルクを挟み込むように引き抜きます。
多少熟練が必要で、慣れないと上手く使えません。

コルクを壊さずに引き抜くワインオープナーはもう一つあります。それ
はアメリカで開発された「エアポンプ型」です。これには空洞になった
針が付いています。

この針をコルクを突き抜くように挿し、ポンプでコルクとワインの間に
空気を送り込み、内部の空気圧を利用してコルク栓を押し上げます。た
だしコルクが十分に湿っているなど、保存状態が良くないと上手く抜け
ないようです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る