「フォーティファイド・ワイン」ってどんなものですか?

ワインの中に「フォーティファイド・ワイン」に分類されるものがあり
ます。「フォーティファイド・ワイン」とは酒精強化ワインとも呼ばれ
ています。

醸造中のワインに40度以上のブランデーなどの蒸留酒を添加し、アル
コール度数を15~22度程度まで高くしたものです。その結果、味に
コクが出て保存性も高くなります。

代表的なものにスペインのシェリー、ポルトガルのポート・ワイン、マ
ディラ、イタリアのマルサラなどがあります。またフランスでもヴァン
・ドゥー・ナチュール(略してVDNとも表される)つまり天然甘口ワ
インの意味ですが、実はフォーティファイドしているものがあります。

これらのワインは、通常ワインと言えば連想するタイプからすると変り
種のワインと言えるでしょう。

「フォーティファイド・ワイン」がどのようなものか、さらに説明する
のに「マディラ」を取り上げてみましょう。このお酒はポルトガルのリ
スボンから南西に1000kmの大西洋上に浮かぶマディラ島で造られて
います。

始まりは偶然の所産でした。17世紀ごろ、アメリカ新大陸への航路上
に位置していたマディラ島で積み込まれたワインが、赤道を横切る際に
暑く、長い航海時間を経てみると独特の風味へと変化していたのです。

これはワインにとって大敵ともいえる酸化現象が特有の香り、味わいを
造り出したのです。しかし、これだけではアルコールが加わっていませ
んから、まだ「フォーティファイド・ワイン」(酒精強化ワイン)とは
言えません。

当初、赤道上を移動することによって天然の加温状況におかれてできた
マディラワインでしたが、その後ジブラルタル海峡をめぐる紛争により、
市場に運ぶための航路を失ってしまったマディラワインは、航路が復旧
するまで島で貯蔵されることになりました。

その際ワインの一部を蒸留し、残りのワインに加えることで保存性を高
めることにしました。

後にこのワインを飲んでみると、味わいが深くなることが発見され、こ
こにおいて「フォーティファイド・ワイン」(酒精強化ワイン)として
のマディラが誕生したのです。

後の時代には、赤道付近の長い航海によってワインに熱を加えマディラ
酒独特の香りを出す方法にかわり、島内で人為的に加熱熟成させ造られ
ています。この温めて熟成させる工程がマディラの特徴です。

関連記事

ページ上部へ戻る