おばあちゃんが可愛く飲むシェリー酒

英国小説をモチーフにした海外ドラマで、可愛らしいイギリスのおばあ
ちゃんがほんのり頬を染めながら、少しずつ口に含むように飲んでいる
お酒といえば、シェリー酒というイメージが浮かびます。

このイメージはまんざらでもなく、シェリー酒に関して「出生地はスペ
インだが英国人が育て上げたワイン」と言われるほど、イギリスで愛さ
れているお酒。

シェリー酒の第1級の産出地はスペインのイベリア半島にある3つの町
(ヘレス・デ・ラ・フロンテラとサンルーカル・デ・バラメーダとエル
・プエルト・デ・サンタ・マリアという三つの町)を結ぶ三角地帯と言
われています。

シェリーは英語名で、スペインではビノ・デ・ヘレスと言います。

「おばあちゃんがちびちび飲む」イメージがあるように、シェリーはワ
インの中でもフォーティファイド酒(酒精強化ワインまたはアルコール
補強)という部類に入るもので、アルコール度数の高いワイン。

味も辛口から極甘口までいろいろなタイプがあり、それぞれの特徴に応
じた名前がついています。

すっきりとしたドライな「フィノ」、ワインに17%までアルコールを
強化し豊かな香りとコク、深みをもたせた「オロロソ」、「アマンティ
ヤッド」はフィノとオロロソの中間的な風味で、フィノを熟成させた高
級品となっています。

どのタイプのシェリーがあなたのお口に合うかは、いろいろ試してみる
のが一番。普通のワインと違って一度栓を抜いても、後できちんと栓を
しておけば1~2ヶ月は味が変わりません。

それこそ、おばあちゃんのようにちびちび飲めるお酒です。

関連記事

ページ上部へ戻る