「ワインはむずかしい」って、何がむずかしいの?

ワインがむずかしいといわれる理由は、だいたい次の2つ。

(1)ワインは飲むときの温度や作法、グラスの形や、保存するときの管理方法・・・、細かい決まりごとが多すぎる。

たしかに極上のワインは、丁寧にきちんとした飲み方をすると、その良さを最大限、発揮してくれるものです。それで、一種の手順のようなものができているのですが、絶対的なものではありません。

普通のワインでは、あまり気にすることはありません。自分の好きなやり方で、自由に飲んでいいのです。

(2)ワイン自体に、種類が多すぎる。とても名前を覚えきれない。

たしかにその通りです。ワインは星の数ほどあります。

ワイン好きにとって、この「種類」が多いことそのものが楽しみなのですが、ワインの初心者がやっかいに感じても無理はありません。

でも、ワインの専門家になろうとしているのならともかく、自分では見たことも飲んだこともないワインの名前を、無理に覚える必要はありません。

全世界には何十億という人類が存在していますが、一人の人が生涯で知り合う人の数は、そう多くはありません。

まして仲良くやっていける人の数は、それほど多くありません。

ワインも同じで、無数のワインを全部知ることは出来ないし、また、その必要もない。

折々に巡り会ったワインのうち、好きなものに出会ったら、また会いたくなるし、顔なじみになろうとする。そうしているうちには、自然と名前を覚えて、しだいに知り合いも増えていき、友人と呼べるワインもできることでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る