白ワインはどうやって作られるのでしょう

通常白ワインに使用されるのは白ブドウですが、中には黒ブドウを使っ
た白ワインもあります。白ワインの製法は、まず醸造所で選別されたブ
ドウの果梗(かこう)を取り除きます。それから実をつぶして、そのま
ま圧搾へと移ります。

ブドウそのものの重さにより抽出された果汁はフリーラン・ジュースと
いわれ、果汁全体の80%ほどになります。フリーラン・ジュースは高
品質な白ワインの原料となるのです。残りの強く圧搾した果汁を使用す
ると、非常に個性や渋みが強いワインになります。

その後は通常なら13~18℃で発酵が行われます。最近では10~1
5℃の低温発酵によるフレッシュな風味のワインも好まれています。そ
して上澄みを取り出すオリ引き作業に入ります。

このまま清澄およびろ過後にボトル詰めされると、フルーティな味わい
のワインとなります。1~2年ほど樽で貯蔵すると、熟成の進んだしっ
かりした味わいの白ワインになります。白ワインもボトル詰め後の熟成
は続きますが、赤ワインほどではありません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る