冷やしすぎ注意!白ワインの適温とは?

「白ワインは冷やして」、というのが一般的ですが、とにかく冷やせば
いいというものではありません。

確かに極甘口のワインやシャンパーニュは、2度から6度くらいまで冷
やしたほうが美味しいのですが、味覚には個人差もあります。あまり冷
やしすぎると味が感じられない、という方もいらっしゃいますから、お
店側もリクエストに応じるべきです。

また、白ワインでも冷やしすぎない方がいいものもあります。普通の白
ワインでも、飲みごろは6度~10度くらいでしょうか。ただし、上等
なものですと、もうちょっと高めのほうがいいこともあります。

赤が冷やしすぎない方がいいのは、タンニン等の渋み成分を抑えすぎな
いためです。上等な白ワインでも、渋み成分が含まれていて、これがふ
くよかな風味を生み出しています。上等な白ワインならば、甘口の赤ワ
インと同じくらいの温度で飲むほうが、冷やし過ぎよりも美味しく感じ
られます。

レストランで「赤を冷やして」「白をもう少し温度を上げて」と頼んで
嫌な顔をされたり、断られたりしたら、まずサービスがなってないと思
って良いでしょう。お客様の好みに応じて、最も美味しく感じられる飲
み方で楽しんでいただこうというお店ならば、快く応じてくれるはずで
すから・・・。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る