イタリアとドイツの素敵な白ワイン・・・

イタリアのワインといえば赤が主流。しかし、白ワインもなかなかいい
ものがあります。以前は、白ワインの中でも『エスト!エスト!!エス
ト!!!』や『ラクリマ・クリスティ』といったワインが有名だったの
ですが、第二次世界大戦を期に状況が変わりました。

軽い辛口の『ソアーヴェ』は、戦後イタリアの白ワインとして、輸出が
多くなり有名なワインとなりました。しかし、大衆化傾向になり、あま
り質の良くないものも大量に生産されるようになりました。このような
ことから“クラシック”を名乗る質の良い『ソアーヴェ』を作る職人さ
ん達も出てきます。

ローマ近郊の町フラスカーティで造られる『フラスカーティ』も、伝統
的な白ワインです。『フラスカーティ』は口当たりが軽いワインです。
他にもイタリアのワインには『カヴィ』や『ヴェルディッキオ』といっ
た白ワインがあり、楽しめます。

また、イタリアのワインで外せないのは、スパークリングワインです。
マスカット・ブドウを使った『スプマンテ』には瓶内二次発酵の「メトド
クラシコ」タイプと、タンク内での短時間二次発酵の「シャルマ方式」、
微発泡のワインがあります。

ドイツの白ワインは主に甘口といわれていますが、辛口ワインも造られ
ています。その一つが『フランコニア』ワインです。ここのワインは軽
快で素敵な辛口ワインです。

関連記事

ページ上部へ戻る