甘口の白ワインといえばやっぱりドイツ!?

甘口の白ワインといえばドイツのワイン。基本的なレベルが一般的に非
常に高いので、安価なワインも輸出されるものは非常に質が良いといえ
ます。

ドイツは、スイスに近い南部の産地『バーデン』を除いて、ブドウ栽培
の北限地域です。日本でいうところのサハリンの旧日露国境周辺の緯度
に位置するところにあり、南国生まれのブドウにとっては非常に寒い地
域で栽培されています。

ですから、このブドウ栽培には手間がかかります。しかし、その手間が
あるからこそ優れたワインが造られるのです。ドイツワインには、名門
ラインガウとモーゼルを中心にライン・ヘッセン、ラインファルツといっ
た量産地、ナーエといった穴場のワインもあります。

また、ドイツのワインはやや複雑な仕組みがあり、他の国々とは特殊な
区別をしています。

そのようなドイツワインでは“Q.m.P”と言った文字が見つかれば、
上質のワインといえるでしょう。“Q.m.P”は法律が変わって旧称
となっていて、今は、“プレディカーツヴァイン”と呼ばれています。

このワインには「カビネット」をはじめ6つの肩書きがあり、この肩書
きのあるワインがドイツ産の中でもより上質のワインです。

ドイツ語は飾り文字があって抵抗があるかもしれませんが、良心的なお
店であれば、品質は値段に比例します。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る