ロゼのスパークリングの製法は?

ロゼのスパークリングの製法については、いくつかの方式があります。
まずブレンド(アッサンブラージュ)方式。シャンパーニュの白ワイン
にシャンパーニュの赤ワインを10~20%加える製法。

現在出回っているロゼスパークリングの大半がこの製法で、変色しにく
いのが特徴です。フランスのワイン法では白ワインと赤ワインを混ぜる
行為は禁止されているのですが、シャンパーニュのロゼだけは例外が認
められているのです。

次に漬け込み(マセラシオン)方式です。これは黒ブドウを果皮ごと漬
けて、やや発酵させた段階で色素を抽出するもの。色素が不安定で手間
もかかるため、この製法でつくられるロゼスパークリングは全体でも非
常に数が少ないようです。黒ブドウの豊かなアロマと奥深いコクが魅力
で、値段は大変な高価なものが多くあります。

ほかにも、出来上がったロゼワインを瓶詰めする際に酵母や糖分を加え、
二次発酵で炭酸ガスを発生させる製法もあります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る